​三塩なつみ

みしおなつみ

私が政治を志す理由

私は、教育とまちづくりの仕事をしています。

なぜその仕事をしているかというと、10代の頃の不登校と引きこもりの経験がきっかけです。

普通の家庭で普通に育った私が、いつの日か落ち込んで生きるようになりました。

選挙活動初日に早くも泣く。

感動してしまった動画。

私の経歴

三塩菜摘(みしお・なつみ)

 

14歳:不登校をきっかけに引きこもる。名古屋中央高校(昼間定時制)に入学するが、学校へ通うことの違和感をぬぐえず半年で自主退学。

19歳:『見たことのない世界に行きたい』と高校卒業試験認定試験を取得し、名古屋短期大学へ入学。

20歳:奨学金を受けてUniversity of Central Floridaへ留学。

21歳:米国NPO法人iLEAPのプログラムへ奨学生として参加。同プログラムを経て『自分の違和感や熱量は教育分野にある』ことを認識する。米国での出会いをきっかけに、卒業後、ハバタク株式会社ベトナム支部入社。

世界中の学生が参加対象のスタディツアー設計や、経営コンサルタント補佐・東南アジアの起業家インタビューを経験。『自らが日本の教育に原体験があるからこそ、日本で活動をしたい』という思いで、帰国。

22歳:岡崎市のNPO法人コラボキャンパス三河へ就職。産官学それぞれとの連携を通して、小学生から新社会人までのプロジェクトを企画・運営。

24歳:同NPO法人の理事、ディレクターに就任。

英語関連の仕事を行うWATASHIを設立。

東海愛知新聞一面にて毎月連載開始。若者版国民栄誉賞『第32回人間力大賞』会頭特別賞を受賞。

KTCおおぞら高等学院岡崎キャンパスの社会人非常勤講師として英語教員も務める。

26歳:クリエイティブ事業を行う日米の経営者集団『ROOM01(ルーム・ゼロワン)』を発足。

米国企業ノースロップグラマンの日米高校生向けテックプロジェクトの日本担当を務める。

 

27歳:政治団体「三塩菜摘を育てる会」を発足。

新型コロナウイルスの影響で休校になった高校生・大学生・高校教師と有志の社会人と一緒に、高校生向けメディア「せんぱいボイス」を発足。

​Natsumi Mishio

Natsumi Mishio (Born 1993 in Aichi).

Studied abroad in America and worked in Vietnam, before returning to Japan and serving as director for the NPO Collaboration Campus where she managed educational programs and started her own company WATASHI. She currently is the director of the creative studio Room01. 

 I feel strongly about empowering young people to pursue their goals and accomplish their dreams despite challenges they face. I believe that this is partly because when I was in high school, there was a period in my life when I withdrew from school and struggled to find my place in Japnaese society. Now, I want to present myself as an example to young people who may be dealing with their own personal struggles and help them to overcome them and reach their full potential. 

 

This has motivated me further to start my own business, pursue NPO work, and teach English and international relations at a special high school for students who have challenges integrating into society. I feel that my experiences in life so far have prepared me well to undertake the responsibilities of serving on city council. If I were fortunate enough to be elected to city council, I would strive to surpass the expectations of the community that I serve and help to foster a brighter future for Okazaki.

 

大学生が三塩さんと出会ったらこうなった

\岡崎の若者応援隊長/

大学生 青砥祐太

 僕は青砥祐太、愛知県岡崎市に生まれて22年間この町で暮らしている。

大学生になるまでこの町のことをどうも好きになれないでいた。坂が多い、駅は古びて錆びついているし、無駄に広くて、自転車もしくは車がないと生活がしづらい。そして、若者の遊び場名古屋へも電車で30分はかかるし、他の地域の人に岡崎は何が有名か聞かれても、「八丁味噌と徳川家康の生誕地」。この二つしか言えるものなんてなかった

​私の活動

政治活動以外にも、日頃から様々なプロジェクトを行っています。

コラボキャンパス三河ロゴ.png

小学生から若手社会人に向けたプロジェクトを運営しています​

​フリーランスでグラフィックデザインや翻訳、通訳をしています

ROOM01ロゴ.png

岡崎キャンパスで英語教師として教壇に立っています

グローバル・クリエイティブチームでリーダーを務めています

弁護士・公認会計士・社会労務士・税理士士業チームの活動づくりをしています

mishionatsumi-senpai.PNG

コロナを契機に、高校生・大学生・社会人の活動の場づくりと情報発信をしています

 
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon
 

CONTACT US

PHONE

三塩菜摘を育てる会事務局(NPO法人コラボキャンパス三河内)

​0564-26-7355

natsumimishio@gmail.com

ADDRESS

愛知県岡崎市康生通南3-22

© 2020 by 三塩なつみNatsumi Mishio